オクラの作り方

オクラの作り方



直根性で、側根が少ないため、移植よりも直まきの方が作りやすい

種まきの準備

①時期 4月下旬~5月

②あらかじめ、1m2あたり、苦土石灰100g、たい肥約2kg、化成肥料約100gを散布して、よく耕し、幅80~90cmのうねを作っておく。

③種子を2日程度吸水させる。

④吸水した種子を、1ヶ所の3~4粒まく。
※種子は、離してまくと根が絡みにくい。


間引き

本葉が3~5枚出たときに、間引きをして1本にする。

※引き抜くと、残った株の根を傷める場合があるため、ハサミなどで切り取るのがよい。

ポット苗定植する場合は、
   ①根鉢を崩さないように注意すること。
   ②活着するまで間引きは行わない。

追肥

蕾が大きくなったら、化成肥料を、1m2あたり40~50g与える。以後2~3週間間隔で追肥を行う。

※追肥を行ったら、軽く土と混ぜると土中への吸水もよくなる。

敷きわら

夏の高温乾燥期には、根本に敷きわらなどを行って乾燥を防ぐ。

摘葉

生育の旺盛な時は、着果位置の下の葉1枚を残して、それ以下の葉を切り取る。

収穫

果実が10cm前後が収穫適期。
採り遅れのないように!!

病害虫防除

病害虫は、比較的少ない。